蛇口

業者に頼む方が良い理由

住宅で水のトラブルはそう多くありませんが、発生した場合は迅速な対応が求められます。時間が経過する事で被害は拡大するからです。中には自分で対処できる事もありますが、プロに頼む事で確かな原因の特定や、今後トラブルが発生しない様に予防する事ができます。それは生活の安心に繋がります。

配管

排水溝の清掃委託時の注意

台所やお風呂などで起きる水のトラブルに排水溝の臭いがあり、専門業者による洗浄作業を依頼することになりますが、排水溝自体がきれいなったかどうかは勿論、実は前後の状況確認や着工後の水漏れチェックなどケアが重要でかつ企業によって対応に差が出る点であるので選定時には確認が必要です。

作業員

水周りの問題を解決する

水周りに問題が発生した時は、まず水道修理業者に連絡を入れます。業者は現場に足を運んで見積もりを出した後に水のトラブルを解決してくれますから、金銭面でも安心です。例えばトイレが詰まってしまったり水道から水漏れしたりする時に業者を利用しましょう。

MENU

業者

衛生環境を守りたい

水のトラブルの中は機材が故障して起きることがあります。こうしたトラブルは個人では解決できませんから、修理業者に対応してもらいましょう。修理業者は機材の交換まで一括して行ってくれますので、手間がかかりません。また室外の修理にも対応してもらえます。

作業者

業者に依頼したい問題

水道の水漏れはパーツを交換してもらうことで修理します。水のトラブルに対応してくれる業者に仕事を依頼したい場合、8,000円から10,000円ほどの費用がかかると考えておきましょう。こうした業者の中にはアフターフォローを行ってくれる場所もあります。

集合住宅の水漏れの解決法

水

早急な対応が必要

集合住宅における水のトラブルでは、水漏れが1番多いです。住んでいる人の過失以外での水漏れでは、設備の経年劣化が原因である事が多く、その場合はプロの水道業者でないと直せません。集合住宅の場合の水のトラブルは上記の給排水管の腐食や劣化が多いですが、床下や天井裏など目に見えない場所で起こります。水のトラブルの対処方法で重要なのが、原因箇所の特定です。外側から見えない場所に張り巡らされている給排水管から、原因箇所を特定するには水道業者などのプロでないとわかりません。また水漏れがわかった時には、トラブルが発生してからある程度時間が経過した事になります。発見したら可能な限り水漏れを防ぎ、被害が拡大しない様に努めると共に早急に管理会社に連絡する事です。集合住宅では入居者は火災保険に加入します。反面オーナーが火災保険に加入していない事もありますが、これは危険です。水のトラブルで借主の火災保険が適応されるのは、借主に過失があった場合に限られます。上記の様に経年劣化等が原因では、借主の火災保険ではカバーされません。その場合オーナーの火災保険でカバーする事になるので、オーナーは火災保険加入が必須と言えます。水漏れがある場合、オーナーはすぐに修理する義務があります。反対に借主はすぐに報告をする義務があります。水のトラブルは時間をかけると被害が拡大します。また集合住宅では配線も給排水管に近い所を通っているので、漏電の危険性もあります。被害を食い止めるためには、互いに早急に動く事が必要です。